忍者パワーで栄養補給! 伊賀のジャンボ黒にんにく
忍者パワーで栄養補給!伊賀のジャンボ黒にんにく

しっかりと成分分析を行いました。自信を持って、ジャンボ黒にんにくをお勧めします。

三重県伊賀市で有機栽培した「ジャンボにんにく」を黒にんにくにしました。
臭いがほとんど無く、糖度45度以上で甘みが強く、水分も豊富でジューシーです。
フルーツ感覚で美味しく食べていただけます。
このにんにくは、一般のにんにくとは別品種の、大きさが3〜5倍もある大粒のにんにくです。
これを約1カ月間、じっくりと発酵・熟成させて作りました。
健康維持のため、1日1粒(2cm角程度)を目安にお召し上がりください。

パッケージをリニューアルしました。

今期より、抗ウイルス・カビ防止等より安心・安全
のため、
パッケージを一新しました。
2重包装で、
内袋を真空パックとしました。
外袋は、チャック付
きで途中保存がしやすくなりました。

皮なしカット済ジャンボ黒にんにく

150g パック

皮なしカット済ジャンボ黒にんにく

皮をむき、食べやすい大きさにカットしています。
そのままお召し上がりになれます。

皮つきジャンボ黒にんにく

250g パック

皮つきジャンボ黒にんにく

皮つきのままです。適当な大きさにカットして
お召し上がりください。

販売店

ジャンボ黒にんにくは、こちらの お取り扱い店様 でお求めいただけます。

インターネットからは、伊賀忍者市場 でお求めいただけます。

自然豊かな伊賀の地で有機栽培

伊賀 富永の風景

伊賀 富永の風景

黒にんにくは、三重県がふるさとです。志摩地区の海女さんたちが海を相手とする
過酷な労働から自身の健康を維持するために考案したものだとされています。
ジャンボ黒ニンニク本舗は、その三重県にある自然ゆたかな伊賀の地に農場を構え、
化学肥料を一切使用しない有機栽培を行なっています。

ここ伊賀では、夏は気温30度を超え、冬は氷点下の日が何度もある「寒暖の差」があります。
また、良質なお米(伊賀米は特A)を生み出す水も豊富にあります。
こういった作物を元気よく育てる環境は、ジャンボにんにくの栽培に最適です。
私たちはこの伊賀の地にこだわり、安心・安全なジャンボにんにくを生産しています。

持続可能な健康つくりのために

写真
写真

もともとにんにくには、いろんな有効成分が豊富に含まれています。
それを発酵・熟成させることで黒にんにくとなり、身体に有益なアミノ酸やポリフェノールを増大させます。
通常の生にんにくと比べ、アミノ酸が約2倍、ポリフェノールが20倍以上も増加しています。
いずれも強い「抗酸化力:身体の老化を遅らせ、病気に対する免疫力を高める力」があります。
また、生にんにくには見られない「S-アリルシステイン」も醸成されます。

  • ※ 本製品100g中、12.7mg含有:(株)食環境衛生研究所調べ

臭いがほとんど無く、甘く食べやすい

ジャンボにんにくと普通のにんにくの比較

ジャンボにんにくと普通のにんにくの比較

にんにくではあっても、通常のスーパーなどで販売されているにんにくとは別種で、
西洋ネギ(リーキ)に近い品種を栽培しています。
1粒で100gを超えるものもある大粒種で、にんにく独特の「辛味」や刺激が少なく、無臭にんにくとも言われるように、臭い成分が通常の約14分の1と少ないため、ほとんど臭いません。

また、うまみ成分のアミノ酸(アスパラギン酸、グルタミン酸)が豊富で
大粒のため水分と甘みが強く、フルーツ感覚で美味しく食べていただけます。

自己発酵・無添加で熟成させています

黒にんにくは、生のにんにくを温度と湿度だけで発酵・熟成させるものです。
そうすることでタンパク質がアミノ酸に、炭水化物が果糖に分解され
2つの成分が反応することにより、黒くなります。

熟成後のジャンボ黒にんにく

熟成後のジャンボ黒にんにく

当社では、発酵と熟成を知り尽くした専門家集団「げんきカンパニー」のもとで、
無添加、無加水、そしてにんにくが本来的にそなえている自然の力を生かした
自己発酵を守りながら、天候などにあわせ、一定の温度(50〜70度)と
湿度(40〜70%)のなかを調整しながら、じっくり丁寧に熟成しています。
ジャンボにんにくは大粒であるため、熟成はとくに入念に注意深く行います。
無添加、無加水で約1カ月間じっくり発酵・熟成させることで
身体に有効な成分を増大させます。

ジャンボ黒にんにくの熟成をお願いしています。

詳しくはこちら

ジャンボ黒にんにく(jkn)の
キャラクターです

ジャンボ黒にんにくキャラクター

詳しくはこちら